肌荒れニキビや跡を隠すベースメイクの裏技 コンシーラーの使い方

肌が荒れていたりにきびがあったらどうにかしたいですよね。

肌が荒れていると気持ちも浮かないですし、視線も気になってしまうのではないでしょうか。

ニキビや肌荒れをメイクでカバーすれば、気持ちも楽になりますし、人の目線も気にならなくなりますよね。

肌荒れや赤ニキビ、ニキビ跡を上手に隠して、きれいで完璧なベースメイクの方法をお伝えします。

スポンサーリンク

肌荒れ、赤ニキビ、ニキビ跡を隠す効果的な方法

ニキビやニキビ跡が気になると、どうしても厚化粧になってしまうかもしれませんが、厚塗りをしてしまうと老けたように見得るだけでなく、実はあまり隠せていなかったりもします。

ベースメイクの方法をマスターすれば、赤ニキビやニキビ跡も自然な状態で隠すことが出来ます。

① 肌の保湿

まずベースメイクをする前に、必ず化粧水でたっぷりと潤いを与えて肌の保湿をしっかりしておきましょう。

肌の保湿はベースメイクをきれいに仕上げるためには大切なポイントです。
出来れば化粧水でパックするのがいいですね。
していると仕上がりが全然違ってきます。

② 下地を塗る

ベースメイクの基礎は下地を塗ることです。
化粧下地は、凸凹してしまったニキビ跡や、肌荒れなどのある肌をなめらかに整えてくれます。

化粧下地を塗らずにファンデーションをつけてしまうと、化粧のノリが悪くなり仕上がりが不自然になり、化粧くずれの原因にもなってしまいます。

化粧下地を塗る効果は、その後のファンデーションの化粧ノリが良くなる優れた効果がありますので、必ず塗るようにしましょう。

化粧下地は肌色のモノを使うと赤身や黒ずみを隠す効果があります。

赤ニキビが目立つ場合はグリーン系の下地、全体的なくすみのカバーにはイエロー系の下地を塗ると自然にカバーすることができます。

また、化粧下地は長時間肌に直接触れているので、美容成分や保湿成分が配合されているモノを使うと安心かもしれません。

化粧下地の量は、お使いの商品の規定量を顔全体に伸ばすようにしましょう。
あまりたくさん塗りすぎても浮いてしまうだけですので規定量を守って塗ってください。

赤ニキビを自然見せるように隠すコンシーラーの使い方

赤ニキビやニキビ跡をキレイに隠すには、いつも通りのメイクではうまくは隠せません。

コンシーラーを上手に使って自然に隠しましょう。

まず用意するのがコンシーラーですが、コンシーラーは2つ用意してください。
自分の肌より暗いモノと明るめのモノです。

①まず暗めのコンシーラーを指先に取ります。
②気になる部分にチョンチョンとのせ軽くたたくように、置くようなイメージでつけます。
③付けたコンシーラーの周りを指先でぼかします。この時もこすらずにたたくようにしてください。
④固形のファンデーションをその部分上に軽く抑えるようにトントンと塗ります。
⑤さらにその上に、明るめのコンシーラーを、暗めのコンシーラーを付けた時と同じ手順でつけてぼかすところまで行います。

こうすることで赤みがだいぶ抑えられます。
通常のコンシーラーでも使いかたを工夫すればうまく隠れますよ。

後は仕上げをするのみです。

スポンサーリンク

使いやすいものがあるならそれを使って構いませんが、おすすめのコンシーラーがあります。
「資生堂のスポッツカバー ファンデーション」です。

ほんの少しの量で抜群のカバー力を発揮してくれるので、厚塗りにならずに済みます。
実際使ってみるとその効果に驚きますよ。
ニキビやシミは余裕で隠れてしまいます。

値段も安くて手頃なうえ、なかなか減らないのでコスパがいいです。
一つ持っておくと急な時に使えるので安心です。

楽天で購入

資生堂スポッツカバーファンデーションコンシーラーの使いかた

①まず指先に少量のコンシーラーを取ります。
②気になる部分にチョンチョンとのせ軽くたたくように、置くようなイメージでつけます。
③付けたコンシーラーの周りを指先でぼかします。この時もこすらずにたたくようにしてください。

たったこれだけです。
とても簡単ですよ。

後は仕上げのファンデーションをするのみです。

肌荒れニキビ跡が消えるファンデーションの仕上げ方法


最後はファンデーションで仕上げをします。
ファンデーションは、パウダータイプのものを使うと自然で素肌に近いナチュラルな仕上がりになります。

その際は「ブラシ」を使うようにするときれいにむらなく仕上がります。

ブラシの使いかたのポイント

ブラシにファンデーションをつけ、一度軽くブラシを振って余計な粉を落とします。

最初にブラシを置く場所は、こめかみあたりのフェイスラインからです。
軽くブラシをのせるようにクルクル回しながらつけてください。

いきなり頬や鼻などの中央部分にブラシを持っていくと、ファンデーションの厚みが出てしまうので注意してください。
あくまでも自然に見せるには、最初はフェイスライン上の方からつけて、そのまま顔の中央へとブラシを持っていきましょう。

Tゾーンに厚くファンデーションを付けてしまうと厚化粧に見えてしまうので注意!
ファンデーションは、Tゾーンが薄めであれば、頬に多めのファンデーションを塗っていても決して厚化粧には見えません。
これはテクニックとして覚えておくといいですよ。

まとめ

ニキビやニキビ跡を隠したいときは、

下地とコンシーラーで土台をしっかりと作っておけば仕上がりがきれいになりますよ。

▶肌荒れに関する関連記事一覧は こちら

スポンサーリンク

関連記事

  1. インフルエンザ

    この咳の原因は?マイコプラズマとインフルエンザの違い

    冬になるとインフルエンザが流行します。どちらも誰もがかかる可能…

  2. インフルエンザ

    インフルエンザ予防接種の効果はいつからいつまで?毎年必要?

    毎年流行するインフルエンザ。予防接種をして感染に備えるには、い…

  3. ノロウイルス

    ノロウイルス二次感染から家族を守る予防と対策方法

    毎年冬になると、ノロウイルスが猛威を振るいだします。感染力が強…

  4. インフルエンザ

    インフルエンザの予防接種 妊婦 赤ちゃんへの影響はある?

    インフルエンザが流行する冬の時期、妊娠中の妊婦さんにっとってインフルエ…

  5. インフルエンザ

    インフルエンザ検査はいつから正確に診断できる?

    インフルエンザの疑いがある時、病院で検査をうける必要がありますよね。…

  6. 健康・美容

    肌荒れ吹き出物の対策 洗顔とスキンケアで原因を解決!

    肌荒れや吹き出物の悩みは、本人にとってはとても大きな悩みの一つです。…

最近の記事

  1. アンペア

    東京電力 アンペア変更手続き方法 工事料金や手数料はかかる?
  2. おでかけ

    高田公園の桜開花時期や見どころとアクセス方法 周辺ホテル等の紹介
  3. イベント

    節分 鬼の豆入れを折り紙で簡単に作る方法の紹介
  4. 食材

    夏場にパンを保存するベストな方法は?常温保存は何度?美味しく食べるコツは?
  5. イベント

    鏡餅にカビ 食べても問題ない?捨てる方法と取り除く処理方法
PAGE TOP