雛人形処分の仕方 道具類は?一部処分などその他の方法も紹介

さまざまな事情で不用になった雛人形。

処分したけれどどうしたらいいのかと困っていませんか?

人形には魂が宿るともいわれていますね。

必要ないからと、普通のゴミのようにゴミ袋にポイッとはなかなかできません。

雛人形や道具類の上手な処分の仕方と、その他一部だけ処分する場合の方法を紹介します。

スポンサーリンク

雛人形の処分の仕方は?

雛人形は、女の子の成長を願うしるしです。
ですので子供が大人になればとりあえず役目は終了。

そのまま子供へ引き継いでもらいたいと思っても、住宅事情などで大きなものを飾ることが出来ないことも多いですね。

大きな家であれば別ですが、保存場所を確保し続けるのが難しいことも、処分の理由の一つとしてあげられるかもしれません。

雛人形は、女の子を厄災から守るための身代わりとなる「人形(ひとがた)」「形代(かたしろ)」という考えが根強く残っています。

ひな人形自体が古くなってしまったり、子供が無事に成長し役目を終えたりと、さまざまな理由から処分をすることになった雛人形。
その処分は、感謝の気持ちを込めて供養するのが一番でしょう。

処分は、神社やお寺などでも引き受けてくれますが、限られた神社であることも多いですし、また受付する日時が決まっていることも多いです。

処分の一つの方法として、日本人形協会が日本郵政と提携した「ゆうパック」による「人形感謝代行サービス」があります。

この利点は、いつでも受付が可能であることです。
御祈祷し供養をするための代行をしてもらえます。

直接神社などに持参することが難しいなどの場合は、こちらを利用されるといいでしょう。

  • 一般社団法人日本人形協会の人形感謝(供養)代行サービスはこちら

▶ひな祭りに関する関連記事一覧は こちら

雛人形道具類の処分の仕方は?

雛段、屏風、雪洞、道具類などは「人形(ひとがた)」「形代(かたしろ)」ではなく、ただの添え物です。

スポンサーリンク

顔があるから供養をするという風習があるので、あくまで供養する対象は、顔がある人形です。

供養する神社やお寺などでは、人形以外は受け付けていないことがほとんどです。
そのため道具類は、供養をする対象とはなりません。
ですのでご自身で処分をしましょう。

処分するには、お住いの地域のルールで、可燃や不燃ごみとして処分して大丈夫です。

雛人形の処分 一部処分などその他の方法は?

処分の方法は供養という方法以外にもたくさんあります。

●親戚や知人、友人に譲る
●ネットオークションに出品する
●寄付をする
●不用品回収業者に依頼する

この様な方法を考えている場合は、前年の12月~1月頃までには、引き取り先や買い手を探すようにしましょう。

しかしせっかくある人形を全部処分するのがなんとなく気が引ける、なんてことありません?

大型で立派な雛飾りをダイエットして一部を残す、というのも一つです。

高価な雛人形です、もし完全な処分をまだ迷っているなら、この方法で一部は残しておくという方法もおすすめです。

雛段や道具類などは、ゴミとして処分して問題ありません。

人形は基本的に雛人形は男女一対で完成形ですので、本来は一番上の二人だけあればよいものです。

三人官女などの他のものは,処分されても良いと思います。

気にならなければ、これまでのお礼を言い、ゴミとして処分し、
気になるのであれば、神社やお寺などへ供養に出しましょう。

そして残った二人の人形だけを時々は出してあげましょう。

春を迎える時期に季節を愛でる飾りとして好きなように飾れば華やかになりますし、9月9日は「重陽の節句」といって、大人が自分の雛人形を飾る「後の雛」です。

長寿と健康を願う大人の女性がご自身の幸せを願うためのものです。
より季節を楽しんで雛人形を飾るのも粋でステキではないでしょうか。

まとめ

雛人形は「ありがとう」の気持を込めて、供養してもらうのが一番です。

多少の手間はかかりますが、雛人形は気持ちよく手放すようにしてくださいね。

▶ひな祭りに関する関連記事一覧は こちら

スポンサーリンク

関連記事

  1. イベント

    バレンタインメッセージ 片思いの相手へ心に響く文例の紹介

    もうすぐバレンタインですね。贈る相手へのチョコレートはどのよう…

  2. イベント

    バレンタインメッセージ 彼氏が胸キュンする文例の紹介

    もうすぐバレンタインですね。大切な恋人に渡すチョコレートを考え…

  3. イベント

    クリスマスメッセージ 友達へ例文の紹介

    クリスマスは、大人も子ども楽しみでワクワクする、一年で一番ともいえるイ…

  4. イベント

    雛人形は必要?必要ない?飾る由来とは?小さいおしゃれ飾りの紹介も

    3月3日の桃の節句が近づいてくると、雛人形を出して飾るという昔から続い…

  5. イベント

    節分の恵方巻の方角は?その決めかたとは?

    毎年毎年、その年によって変わる恵方ですが、今年はどちらの方角が恵方なの…

  6. イベント

    人形供養ができる神奈川県の神社 お寺の紹介

    今まで愛用した雛人形や五月人形など、役目が終わった人形を、神社…

最近の記事

  1. 健康・美容

    成人式当日までに肌荒れ にきびを短期間で治してキレイになる!
  2. 掃除

    洗濯機の掃除 周辺や下 排水口を簡単きれいにする方法
  3. イベント

    人形供養ができる神奈川県の神社 お寺の紹介
  4. 足ケア

    足の臭い対策に消臭効果がある方法は?靴や靴下へのおすすめも紹介
  5. イベント

    卒園式 卒業式でママの服装の着こなしとスーツの紹介
PAGE TOP