東京電力引越しの解約 電話での手続き方法は?立ち合いは必要?

引っ越しをすることになると、パイプラインである電気を止める手続きが必要です。

東京電力管轄内で電気を止める場合、

電話でどのように手続きをすればいいのでしょうか。

いつまで電話をすればいいのか、立ち合いは必要なのか?

東京電力エリア内で電話での解約手続きについて、わかりやくすお伝えします。

スポンサーリンク

東京電力引っ越しに伴う解約 電話での手続き方法の流れ


引っ越しすることになり、実際に電気を止める日が決まったら、電気を止める必要がありますね。

東京電力へ解約をするために電話をする場合、必ず聞かれることがあります。

電気を止めるためには住所を特定する必要があるので、以下のことを聞かれます。

  • お客様番号
  • 契約住所
  • 契約名義
  • 連絡者の名前と関係性(電話口の人)

「お客様番号」というのは、検針票や振込用紙、口座の領収書などに記載があります。
5桁-5桁-1桁ー2桁/計13桁の番号のことで、
『お客様番号:〇〇〇〇〇-〇〇〇〇〇-〇-〇〇』との下の方に記載されてあります。

この番号がわかると手続きがスムーズに進むので、手元に用紙を用意してから電話をするようにしましょう。

契約に関する手続きになるので、「本人からの連絡」を基本としています。
誰が連絡しても受付してくれるわけではありませんので注意が必要です。

本人とは、「電気の契約名義人」のことです。
「配偶者」の方からの連絡の場合は、本人と同じ扱いになります。

他にも本人と同じ扱いをしてもらえる場合があります。

例)

  • 息子名義で電気の契約をしているけれど、親などの口座から支払っている場合
  • 振込用紙を契約場所と別の場所へ郵送してもらい支払っている場合
このような「支払者」は本人として扱ってくれます。

しかし、事情があり本人が連絡できずに代理で両親や息子や娘、友人などが頼まれて連絡する場合がありますよね。
その場合は、本人とはみなされずいろいろと聞かれます。
その時に「本人確認」というのが取れると受付してくれます。

聞かれる項目は、

  • 本人了承があるか
  • 現在の支払い方法

この確認取れるとそのまま受付してもらえますが、取れないと受付してもらえません。
頼まれて連絡する場合は、二度手間にならないように、事前にいろいろと確認してから電話をするようにしましょう。

本人確認の後は、実際の電気を止める日にちを伝えます。
電気が止まる日は、〇月〇日いっぱい(夜中0時)までです。

連絡する日ですが、実際に日時が決まっているのであれば、いつ連絡して大丈夫です。
すっかり連絡を忘れていて、今日電気を止めてほしいなど、急な場合もありますね。
そのような場合でも受付は可能です。

しかし、連絡をすっかり忘れてしまい、すでに部屋を退去している時など、実際はすでに電気は使ってない場合、さかのぼった日時で受付してもらえるのでしょうか。

そのような場合、さかのぼった過去日で受付はしてもらえません
「連絡したその日が最短の電気を止める日」になります。
何週間も前にとっくに部屋を出ていても、連絡したその日の分まで請求されますので、連絡忘れには注意しましょう。

電気の使用量は最終日までを日割り計算されます。
最終分の支払いは、今までと同じ支払い方法での支払うのが基本です。

振込用紙で支払っているのであれば、引っ越す先へ郵送してもらえます。
口座で支払ってる場合は、領収書を同じように引っ越し先へ郵送してもらえます。

もしどうしても止めるその日に料金を清算してしまいたい場合は、立ち合いの上、料金を支払うことも可能です。

その場合は、午前か午後、もしくは2時間の幅であれば、その時間内に部屋の方へ検針員の方が来てくれます。

スポンサーリンク

また、東京電力エリア内で引越しをする場合、解約手続きと開始手続きは、1回の電話で同時に手続きが可能です。

東京電力引越し 解約手続きに立ち合いは必要?


立ち合いが必要になる場合がまれにあります。

電気を止める建物に「オートロックがあり管理人の方がいない」場合などがそうです。

オートロックの解除ができないと、最終分の指針の確認にメーターを見ることが出来ない可能性があるからです。

もし上記に当てはまるけれど立ち合いが出来ない場合は、電気を止める日から一番近い、直近の「定例の検針日での指針が最終分の指針」としての扱いになります。

定例の検針日というのは、空室でも実際に入居している部屋でも、毎月一回必ず指針を確認しているので、その日のことです。
検針日はそれぞれ住所によって異なっているので一定の日にちではありません。

どうしても立ち合いが出来なくても、電気を止める日から数日後に定例の検針日がたまたまあれば、そこまで心配はないかなと思われますが、もし定例の検針日がほぼ一カ月先だったりすると、もしも使用量が出てしまっていた場合は、あなたの使用量として電気代を請求されてしまいます。

きちんとブレーカーを落としてから退出すれば、電気の使用量が出ることはまずないでしょうが、できるだけすぐに検針してもらったほうが安心ですよね。
ですので自分の住んでいる建物がどのような建物か把握しておくと良いかもしれませんね。

また、最近はスマートメーターといって、自動検針が出来るメーターの機械が付いている部屋も多いので、その場合は、オートロックでも自動検針してくれるので全く問題ありません。

スマートメーターは、くるくると回るモノではなく、数字だけが表示されるデジタル式の機械のことです。
くるくると回っているメーターは旧計器のメーターです。

東京電力のカスタマーセンター受付時間は?

東京電力のカスタマーセンターは、月曜日から土曜日の9時から17時までの営業時間です。
お住いの管轄するカスタマーセンターへ掛けましょう。

◆東京電力受付時間:月曜日-土曜日(休祝日を除く)|午前9-午後17時(共通)

東京都23区内:0120-995-001/0120-995-005
フリーダイヤルを利用できない場合:03-6374-8936/03-6375-9786(有料)

東京都23区以外:0120-995-661
フリーダイヤルを利用できない場合:042-202-2546(有料)

神奈川県:0120-99-5771/0120-99-5775
フリーダイヤルを利用できない場合:045-394-2176/046-408-5996(有料)

埼玉県:0120-995-441
フリーダイヤルを利用できない場合:048-638-5016(有料)

千葉県:0120-99-5555/0120-99-5551
フリーダイヤルを利用できない場合:047-729-1716/043-370-4586(有料)

茨城県:0120-995-331
フリーダイヤルを利用できない場合:029-387-5056(有料)

群馬県:0120-99-5221
フリーダイヤルを利用できない場合:027-898-3406(有料)

栃木県:0120-995-111
フリーダイヤルを利用できない場合:028-305-5006(有料)

山梨県:0120-995-881
フリーダイヤルを利用できない場合:055-207-7006(有料)

静岡県:0120-995-901
フリーダイヤルを利用できない場合:055-915-5006(有料)

▶東京電力・カスタマセンター詳しい電話番号検索は こちら

まとめ

東京電力で引越しの解約手続きについてご紹介しました。

引越しの時期はさまざまな手続きなどで忙しく大変でしょうが、パイプラインの解約の手続きも忘れないようにしましょうね。

▶東京電力手続きに関する関連記事一覧は こちら

スポンサーリンク

関連記事

  1. クレジットカード

    東京電力でクレジットカード払い新規の申し込み お客様番号や名義は?

    東京電力で電気を契約する時、支払い方法はいくつかありますが、ク…

  2. 引っ越し手続き

    東京電力引越しの開始手続きをインターネットで行う方法は?

    引越しが決まって東京電力の電気を繋げてほしい場合の開始手続きについて。…

  3. 口座振替

    東京電力の口座振替の振替日の時期はいつ?指定日を決めることはできる?

    東京電力の口座振替の引き落とし日について。振替日の時期はいつ?…

  4. 電気

    東京電力へ電話がつながらない!繋がる時間帯はいったいいつ?

    東京電力へ電話で連絡をしたいのに、いつもアナウンスばかりでなかなかオペ…

  5. 引っ越し手続き

    東京電力引越しの解約手続きのインターネットの方法 手数料はかかる?

    引越しに伴って東京電力の電気を止めるための解約手続きについて。…

  6. ガスとセット

    東京電力のガスセットを引っ越しで解約 立ち合いは必要?解約金はかかる?

    引っ越しをするために東京電力で契約している電気とガスを止めたい。…

最近の記事

  1. 掃除

    セスキ炭酸ソーダで大掃除 家中丸ごとピカピカ基本編
  2. 食材

    夏場にお米を保存する方法は?保管に適切な場所は?NGな箇所も紹介
  3. 断捨離・片付け

    断捨離 溢れる本を片付ける 減らして処分するコツとは?
  4. 紫外線対策

    紫外線対策におすすめの化粧品とグッズ、ストールや帽子も紹介
  5. 町田

    町田リス園に行こう アクセス方法と営業時間は?
PAGE TOP