東京電力の名義変更 相続で変える時の手続き方法は?口座も一緒に変更できる?

世帯主の方が亡くなった場合、公共料金の一つである電気の契約名義を変更する必要がありますね。

必ずしも急いで行う必要はありませんが、忘れないうちに変更の手続きをしておいたほうが安心です。

東京電力で契約している場合の変更方法について、どのような方法で手続きをすればいいのか、

また、必要な書類などがあるかどうかを分かりやすく解説いたいします。

スポンサーリンク

東京電力の名義変更を相続が原因で変える場合の手続き方法は?


公共料金には電気、水道、ガス、電話など、さまざまあります。
電気の契約が東京電力での場合、相続などで名義変更の手続きをする時期などについては、いつまでに連絡をしなければいけないと決まっているわけではありません。

特に書類などの提出は不要なので、契約者の家族からの申請、申告によって名義変更を受け付けています。
手続き方法は2つあり「電話」か「インターネット」での手続きです。

インターネット上で名義変更の手続きが出来る方は、現状は従来からのプランで契約している方のみです。

従来からのプランというのは、従量電灯BやCなどのことです。
よくわからず判断が難しい場合は、お客様番号というのがあるのでそちらを確認すると従来からのプランなのかどうかがわかります。

お客様番号が「5桁-5桁-1桁-2桁」、全部で13桁の番号の場合は従来からのプランで契約されているということです。

検針票に記載があるので確認しましょう。

該当しない場合は、新料金プランでの契約なので、専用のダイヤルへ電話での連絡をしましょう。
▶新料金プラン加入者専用ダイヤル:0120-995-113/月~土(9:00~17:00)

インターネットで手続きをする場合

インターネっトでの手続きをする場合は、東京電力のホームページへアクセスします。
東京電力ホームページ・契約名義の変更

インターネットでの手続きは、必要事項を入力するだけなので手続き自体は簡単です。
ですが手続き後すぐに切り替わるわけではありません。

名義変更の内容が実際に変更になる時期ですが、次回の検針日以降から切り替わります。
つまり、次回の直近の検針日をもって、申請した名義へ名前が変わるということです。

ただ、申請するタイミングによっては検針票には反映がされないこともあります。
例えば、3月20日に名義変更の手続きをしたが、次回の検針日が3月21日だった場合などです。

次の日が検針日だったり、たまたま申請したのが検針日当日だったりすると、届く検針票には手続き上間に合わないので、変更前の名前で届きます。

振込用紙で支払いをしている方で、検針日と同じ日に振込用紙がポストへ投函されているという方の場合は、振込用紙の名義にも、同じように変更前の名前が記載されています。

検針日の確認は、「前の月」の検針票に「次回の検針日」の記載があるので、そちらで確認が出来ます。

電話で手続きをする場合

カスタマーセンターへ連絡して名義変更の手続きをしてもらう場合、口頭のみで受付してもらえます。
ただ伝える必要がある項目がいくつかあります。

◆必ず聞かれる項目

  • 電気のお客様番号
  • 契約場所の住所
  • 契約名義
  • 電話している人の名前・関係性

もしお客様番号が不明でわからない場合は、現在の支払い方法を個人情報の照合項目として聞かれます。
わからないと受付すらしてもらえませんので、二度手間にならないように電話をかける前に確認しておきましょう。

その後は新しい契約名義、連絡先電話番号、郵送先の有無、そして今後の支払い方法について聞かれます。
手続き上はインターネットで手続きをする場合とほとんど同じです。

ただ、口座を継続することを希望する場合、現在の口座名義人がお亡くなりになった本人の口座だった場合、配偶者からの連絡でないと受付してもらいないかもしれせん。

息子や娘など家族からの連絡でも不可の場合があるので、その場合はなんだかとても面倒ですよね。
新たに口座やカード払いを申請予定なら、いったん振込用紙を送ってもらって、その間に新しい口座やカードの申請をしたほうが手間無く済むのでいいのでは?と感じます。

詳しくはカスタマーセンターへ聞いてみてください。
▶東京電力・カスタマーセンターは こちら

東京電力の名義変更後の料金の支払い方法について

スポンサーリンク

手続きする上で気になることは今度の支払い方法だと思いますが、今まで振込用紙で支払っているなら、これから届く名義の名前が変わり振込用紙が届くだけなので特に問題はありませんね。

今まで口座で支払っていた場合、凍結などで振替が出来なくなることが懸念されます。
インターネットで手続きをする場合、料金の支払い方法を選ぶ欄があります。

もし口座振替が出来ないような場合は「現在の支払い方法を継続しない」を選ぶと振込用紙が届くようになります。

電話での手続きの場合は、振込用紙を送ってもらえるように伝えましょう。

●口座振替払いを継続したい場合

名義変更をする予定の方の名前の口座で、すでに支払っている場合は、そのまま口座の支払いを継続したいですよね。

つまり、名義と口座名義人が名義変更によって同一になるという場合です。
その場合、インターネットであれば「現在の支払い方法を継続」を選べば大丈夫、継続されます。
電話での手続きの場合は、そのことを伝えましょう。

●カード払いを継続したい場合

口座と同様で「現在の支払い方法を継続」を選びます。
電話での手続きの場合は、継続の意思を伝えましょう。

東京電力の名義変更と一緒に口座やカードも変更するには?


名義変更をして、最初の月の電気料金の支払いから、新しい名義人の口座やカードから料金を引き落としてもらうことを希望する方も多いと思います。

しかし、手続き上すぐに新しい口座やカードへの変更は難しくやってもらえません。
もし新しい口座やカードからの引き落としを希望する場合は、「新たに手続きをする」必要があります。

名義変更手続きをインターネットでする場合、料金の支払い方法で「支払方法を継続しない」を選んで、「口座振替を希望」または「クレジット支払いを希望」を選択すると、申込用紙が郵送されてきます。

手続きにはだいたい1ヵ月~2ヵ月は手続きにかかるので、1回か2回は振込用紙が届きます。
郵送先を指定したい場合は、「新しい郵送先」を選択すると住所を入力する項目が出てくるので、正確に入力をしましょう。

まとめ

相続で電気の契約名義を変更をする手続きについてご紹介しました。

電気の契約が住んでいるところだけではなく他の場所にも電気の契約名義がある場合は、大変だと思います。

アパートの共用部分の契約の名義変更や、お店などの場合もありますよね。
よくわからないという場合には、カスタマーセンターへ連絡して電話で手続きをしてもらうようにしましょう。

▶東京電力の手続きに関する関連記事一覧は こちら

スポンサーリンク

関連記事

  1. 名義変更

    東京電力の名義変更をする手続き方法とは?口座やカードの継続は出来る?

    東京電力の契約名義を変更する手続き方法について。どのように手続…

  2. 名義変更

    東京電力の名義変更 結婚で名前が変わる時の手続き方法は?口座継続はできる?

    結婚をして名字が変わった場合に、名義を変更する必要がありますね。…

最近の記事

  1. イベント

    人形供養ができる神奈川県の神社 お寺の紹介
  2. スマートメーター

    東京電力からスマートメーターへの交換のお知らせが来た この疑問を解消!
  3. ガスとセット

    東京電力のガスセットを引っ越しで解約 立ち合いは必要?解約金はかかる?
  4. フルーツ狩り

    イチゴ狩りペット連れ可能な関東の農園を紹介
  5. 浴衣

    浴衣で下駄を履く歩き方とは?痛くならない履き方のコツとは?
PAGE TOP