日焼け止めの消費期限はどのくらい?去年のは使える?未開封の場合は?

毎年日焼け止めを買っても使いきれず残っていいたりしませんか?

たくさん残っているから使いたい。
でも、効き目が無かったら意味がないし、使って肌荒れとかしないかなと気になりますよね。

日焼け止めにも使う期限というのがあります。

いろいろな日焼け止めがあるので、それぞれの期限を紹介します。

スポンサーリンク

日焼け止めの期限はどのくらい?昨年使用したものは使える?

去年の日焼け止めが残っていたら、捨てるのはもったいないですし使いたいですよね。

効果はどうなのだろう、肌に負担はないの?と気になるはず。

効果自体は1年を経過していてもほとんど薄れません。
ですので去年のものでも日焼け止めの効果はあります。

「ミルクタイプ」や「ジェルタイプ」は、「開封してから1年以内」が使い切る目安です。
そして「無添加タイプ」のものは「半年以内」。
「スプレータイプ」のものは「3年以内」に使い切るのがベストです。

日焼け止めのSPFやPAに変化はありませんが、やはり期間の経過による雑菌の増殖、そして日焼け止めの酸化が気になるのは事実です。

もちろん、どのように保存していたかにもよるので一概にはいえませんが、日光のあたる場所や湿気の多い場所に置きっぱなしにしていたり、また、出し過ぎた日焼け止め液を元に戻したりしていた場合は、ちょっと危険かなと思います。

日焼け止めにかかわらず化粧品類は、雑菌が増えたり酸化したりすると、そのようなモノを使用した場合、肌の乾燥や肌トラブルの元になりやすいです。

もちろん開封済みでもキャップがちゃんと締められていて、高温多湿を避けて適切に保管していたなら、1年を経過していても問題なさそうです。

ですが、少しでも不安がよぎるなら、手や足などに試してみて大丈夫と確認してから顔や首付近に使ったほうがいいのでは?と思います。
私だったら、顔には使わずに手足にだけ使いますね。

昨年の日焼け止めが残るというのは、もしかしたら使うときに塗る量が少ないのかもしれませんよ。

顔に塗る量の場合、ミルクタイプのものであれば「500円玉大」ほど、クリームタイプなら「100円玉大」くらいが一回の使用量です。

手に取るとわかりますが、結構な量でいがいと多いんです。
メーカーによって多少の差はありますが、このくらいの量を使わないと効き目が出ないものが多いようです。

スポンサーリンク

おそらくですが、そこまでの量を使ってない可能性があるのでは?
使う量が少ないと当然残ってしまいますよね。
ですので適切な一回分の量を使うようにしてみてくださいね。

日焼け止めの期限は未開封の場合はいつまで使える?


化粧品の消費期限は「未開封なら3年、開封したものは1年」が基本的な目安です。

未開封であって、高温多湿や直射日光を避けて適切に保管していたものであれば「3年」が目安です。

チェックポイントとしては「色の変化はないか?」「変な臭いはしないか?」がポイントになります。
どちらかに当てはまる場合の使用は避けたほうが無難です。

かゆみや赤みなどの肌トラブルになる可能性もあるので思い切って処分しましょう。

防腐剤を含まない無添加化粧品の日焼け止めの場合、通常の日焼け止めよりも消費期限は短いのでは?と思いますよね。

消費期限が記載されていれば、もちろんその期限内に使用するようにしてください。
ですが、特に消費期限が記載されていなければ、普通の化粧品と同じ認識で大丈夫です。

つまり「3年」です。
理由は、医薬品医療機器等法にあります。

「化粧品は製造または輸入後、適切な保存条件のもとで3年以内に変質する恐れのあるものは使用期限を表示しなければならない」となっているからです。

記載があるかどうか確認して、ある場合はその指示に従うようにしましょうね。

まとめ

残っている日焼け止めを使う場合は、数回は手や足に使うようにして様子を見ましょう。

また、毎年毎年、最新の効果が発揮された日焼け止めの製品が発売されます。
日焼け止めのより高い効果を期待するなら、去年使用したものはおもいきって買い直すのも1つの手かもしれませんね。

スポンサーリンク

関連記事

  1. 紫外線対策

    日焼け対策 紫外線から肌を守る日傘とサングラスの色と素材を選ぶポイント!

    日差しが強くなる春から夏にかけて、紫外線による肌の日焼けが気になります…

  2. 紫外線対策

    紫外線対策におすすめの化粧品とグッズ、ストールや帽子も紹介

    日差しが強くなってくると、気になってくるのが紫外線ですよね。真…

  3. 紫外線対策

    日焼け止めの効果ないのはなぜ?塗ってから時間はどのくらい続く?

    日焼け止めを塗っても日焼けをするのはどうしてなの?何度も塗り直…

  4. 紫外線対策

    紫外線量が多い場所と時間帯とは?季節や時期による日焼け対策!

    日差しが強くなる時期になると気になる日差しと紫外線。日焼けした…

最近の記事

  1. 料金

    送電停止予定日のお知られせのハガキが届いた 電気は停まる?
  2. おでかけ

    目黒川沿い桜お花見 イルミネーションの時間とおすすめルートは?
  3. ハロウィン

    ハロウィンのご近所トラブル 子供がお菓子をもらいに来るマナーとは?
  4. ペットとお出掛け

    ペットと泊まる時に持っていくべきものはコレ! ドライブ中の注意点も紹介
  5. 断捨離・片付け

    断捨離 捨てられないを解決!片付ける判断基準の紹介
PAGE TOP