夏に調味料や油類を保存する方法 場所は?開封した小麦粉などは常温でも大丈夫?

気温が上がり始める時期からは、普段よりも食材が痛みやすくなってきます。

キッチンでの食材の保存方法は、夏場にかけてはいつも以上に気を配る必要が出てきますね。

普段、常温保存ができる調味料や油類などは、気温が高い夏場でも常温で保存しても大丈夫なのでしょうか。

また小麦粉など粉類なども同じで、そのまま変わらずに保存していても良いのかと悩みますよね。

そこで、常温保存でも大丈夫な食材とそうでないもの、また、保存する適切な場所などをご紹介します。

スポンサーリンク

夏に調味料を保管する方法 開封後は常温?冷蔵?


美味しい料理を作るために欠かせない「調味料」。
お酒やみりん、砂糖やお塩など、いろいろな種類がありますよね。

基本的に常温保存でも大丈夫なものが多いですが、ほんとに夏場など暑い時期でも大丈夫なのかと気になるのではないでしょうか。

当然調味料も食品と同じく、口に入るものですので、カビが発生したり、酸化することは避けたいです。

調味料には、開封した後でも常温でも保存が大丈夫なモノと、そうでないものがあるのを知っていますか?

普段からよく使っている調味料が、実は常温ではなく冷蔵が必要だった、ということがあります。

開封後は冷蔵庫で保存をするようにと、記載されている調味料はいがいとたくさんあります。
見落としていて常温保存と思い込んでいたりするものもあるので、この機会に知っておきましょう。

調味料を開封した後に冷蔵保存が必要なものは?


うまみ成分が含まれていたり、色々な調味料が合わさって作られているような調味料は、高温多湿での保管は品質が落ちてしまいます。
また雑菌が繁殖しやすいので、冷蔵保存が適しています。

〇冷蔵保存が必要な調味料

  • マヨネーズ
  • ケチャップ
  • ソース
  • 味噌
  • 醤油
  • 料理酒
  • ポン酢
  • すし酢
  • めんつゆ
  • 焼き肉のたれ
  • みりん「風」調味料 
  • コンソメなどの顆粒だし類

粉末のだしなどは、封を開けた部分からどんどん湿ってきてしまうので、冷蔵庫で保存しましょう。

醤油は、常温でもいいのでは?とおもうかもしれません。
基本的に常温保存でも塩分を含んでいるのでだいじょぶですが、夏場はカビの発生の心配があります。
風味が落ちず酸化を防ぐためにも冷蔵庫で保存するようにしましょう。

また、お酒も同じように意外に感じるかもしれません。
確かにアルコールは常温で保存が出来ます。

しかし、料理酒の場合、うまみ成分がたくさん含まれているので、高温多湿の場所に保管するには適していません。

みりん「風」調味料というのがありますね。
同じ意味で「甘味調味料」と記載があるモノも同じですが、これらはアルコール度数が低くいので、常温保存には適していません。

「本みりん」や「発酵調味料」と記載があるものは、アルコールが充分に含まれているので、常温で保存することができます。
同じ「みりん」と思っていても、実は違う場合があるので、よく確認してみましょう。

スポンサーリンク

調味料を開封した後に常温保存できるものは?


常温で保存できる調味料類には共通事項があります。
アルコール度数の高いモノや、賞味期限のないような塩や砂糖類です。

〇常温で保存しても大丈夫な調味料

  • 砂糖
  • 米酢
  • 穀物酢
  • 本みりん
  • 油類

砂糖やお塩は保存性が高い調味料なので、常温で保存が可能です。

純粋なお酢類は、殺菌効果が高いので常温保存が可能です。
また、油類は、常温で保存が出来ますが、夏の場合には、開封後は酸化の進みが早いので、できるだけ早めに使うようにしましょう。

常温保存ができる砂糖やお塩であっても、特に暑くなるような時期は固まってしまったりすることがあるので、「乾燥剤」を入れて、密閉容器で保存するようにすると良いです。
私が使用しているのは、ゴムが蓋についている、ビンの密閉容器を使っています。

常温保存とはどんな場所のこと?

常温といわれる温度は、だいたい「15~25℃」を指します。
風通しがよくて涼しい場所に保存することが理想です。

〇常温保存する場合のNGな保存場所

  • キッチンのシンク下
  • 直射日光の当たる場所
  • 温度差が高くなる場所
  • 天井に近い場所

キッチン下のシンク下や水回り付近は湿気が溜まりやすいので、食品類は水回り以外の所へ置くようにしましょう。

一日の中で、直射日光が一時的にでも当たるような場所も良くありません。
また温度差が高くなる電子レンジ付近も避けて置くようにしましょう。

それに、天井に近い上の方の場所は、夏場は気温が上がりやすい場所なので、避けて保存するようにしたほうが良いです。

つまり、常温保存に適した場所は、直射日光の当たらず、水回りを避けた暗い場所ということになります。

夏に小麦粉や片栗粉を保存する方法 開封後は常温?冷蔵?

小麦粉や片栗粉などの「粉類」は、ダニの発生に注意をしてほしい食品の一つです。
梅雨の時期からは、特にダニの発生が盛んになるので、特に気を付けて保存する必要があります。

ダニが発生するのは「湿度60%以上、気温25度以上」と言われています。
つまり高温多湿の環境下で発生しやすくなるということです。

ダニが発生した粉類を食べて、アレルギーになるような事態を避けるためにも、夏場の管理はとても重要です。

小麦粉などの粉類を、ダニから守るには、高温多湿を避けること。
夏場に最適な保存の場所は、やはり「冷蔵庫」の中です。

涼しい時期や冬場であれば、常温で保存しても大丈夫ですが、暑い時期だけでも可能な限り、すべて冷蔵庫に保存することをおすすめします。

対象になるのは、小麦粉や片栗粉の他、お好み焼き粉やホットケーキミックス、パン粉などです。

開封した小麦粉類は、ジッパー式の「密閉袋」などに入れてから「冷蔵庫」に入れましょう。

もしすべてを冷蔵庫にしまうのが難しい場合は、「乾燥剤と一緒に」密閉袋か密閉容器に入れて保存してください。

保存しておく場所は、床から遠い場所、できるだけ高い場所に保存してください。
ダニは下の方に生息しやすいためです。
上の方へ保存すると、ダニの侵入から守りやすくなります。

常温保存の適切な場所はさきほども伝えましたが、シンク下や水回りなど、湿度の高くなるような場所は、特に避けて保存するようにしましょう。

粉類の「湿度」の管理は、とても大切になりますので、あまりがちな粉類は十分に注意して保管しましょう。

まとめ

調味料類の保存方法についてご紹介しました。

夏場は高温多湿なので、開封したらできるだけ冷蔵保存したのほうが安心です。

また、保管の場所の確保は限りあるスペースで作り出すのも大変なので、暑い時期だけでも、一度で使い切れる量を買うようにして置くことも必要かもしれませんね。

スポンサーリンク

関連記事

  1. 食材

    うなぎは何歳から食べられる?一歳児でも食べられる?注意することは?

    土用の丑の日が近くなってくると、スーパーでうなぎが並ぶようになりますね…

  2. 食材

    うなぎの美味しい時期と旬の季節 美味しく食べられるのはいつ頃?

    ちょっと高級なイメージがあるうなぎ。土用の丑の日などになると、…

  3. 食材

    うなぎの温め方 スーパーで買った鰻のかば焼きを美味しく食べる方法

    スーパーに売っているうなぎのかば焼きを、お店みたいにおうちでも美味しく…

  4. 食材

    夏バテに効く食べ物ってなに?効果のある食材とおすすめ料理の紹介

    夏の暑さで夏バテ気味で食欲が出ない…なんて人も多いかもしれませんね。…

  5. 食材

    夏場にお米を保存する方法は?保管に適切な場所は?NGな箇所も紹介

    気温が上がり始める時期からは、普段よりも食材が痛みやすくなってきます。…

  6. 食材

    父の日のプレゼントにはうなぎ!喜ばれる理由とおすすめギフトの紹介

    毎年6月の第3日曜日は父の日ですね。母の日のプレゼントといえば…

最近の記事

  1. 断捨離・片付け

    部屋の片付けが苦手でもきれいにできる簡単なコツと掃除の方法
  2. 育児

    子供がご飯を食べない イライラしない方法は?
  3. 掃除

    ドラム式洗濯機の掃除 黒カビを簡単に落す方法
  4. 引っ越し手続き

    東京電力引っ越し電話で停止と開始は同時にできる?口座振替は継続可能?
  5. イベント

    バレンタインメッセージ 彼氏が胸キュンする文例の紹介
PAGE TOP