敬老の日のプレゼント 遠方の祖父母への贈りもので喜ばれるものは?

もうすぐ敬老の日ですね。

プレゼントは何にするか決まっていますか?

離れた場所に住んでいる祖父母へ、何かプレゼントを贈ろうと考えているけれど、何を贈ればよいのか迷ってしまいませんか?

一般的なおじいちゃんおばあちゃんのイメージからプレゼントを選んで贈っても、もしからしたら自分の祖父母の好みは、それに当てはまらないかもしれません。

せっかく贈ったのに、喜んでもらえなかったら寂しいですよね。

そこで、プレゼントを選ぶ際のポイントと、失敗しない贈りものの選びかたを紹介します。

高齢の方への贈りものの注意点も紹介していますので参考にしてください。

スポンサーリンク

敬老の日のプレゼント 贈りもので喜ばれるものを選ぶポイントは?


敬老の日近くになると、店でもネットでもたくさんの商品が目に止まるようになります。

ほんとに色々なものがありますが、何を贈ったらいいのか迷ってしまいますよね。

私の祖父母は遠方に住んでいて、年に1度か2度ほど会う程度でしたが、子供の頃は、折り紙で作った花やビーズのキーポルダー贈ったり、定番ですが絵や手紙を書いてプレゼントしていました。

ですので私の子供たちは、父母や義父母に同じようなプレゼントをしています。

そして、いままで贈ったことがあるものが、花、お酒、健康グッズ、お箸、湯飲み、巾着、折りたたみ傘、ストール、お菓子、パジャマ、ハンカチ、海産物 などなどです。

何年も続くとなると、さすがにネタに尽きてきますが、贈る時にはまず大前提として、おじいちゃんおばあちゃんの好みのものを調査することが大切になります。

基本的には、何を贈っても喜んでもらえるとは思います。
しかし、せっかく贈るなら喜んでもらえるものがいいですよね。

お酒を飲まないのに贈っても当然よくないですし、お菓子も和菓子か洋菓子か、好みがありますしね。

みんなが和菓子が好きだと思いがちですが、ダメな方も当然いるので、ここはチェックしてほうがいいです。

できれば、前もって何が欲しいかをさりげなく聞くことが出来ればベストです。

たまにしか合わないかもしれませんが、たまに会う祖父母の好みってなんとなくわかりませんか?

もしわからない、聞けない場合でも、好みの傾向くらいは本人からでなくても、母や父を介して知ることが出来ると思いますので確認しましょう。

またものを選ぶときには、商品の「色」が大切です。
好みのものでも色が好みでないものは、使ってもらえないかもしれないですし喜んでもらえないかもしれませんから。

服の色や小物の色、家の中にある物の色などを思い出して、その辺りも確認しておきましょう。

普段身に付けている色の傾向がわかれば、その色に近いものを選ぶようにすれば失敗しません。

もし分からなければ、抵抗なく使いやすい淡い雰囲気の色を選ぶようにすれば大丈夫でしょう。

◆NGなもの
[su_list icon=”icon: check-square-o” icon_color=”#f89b28″]

  • 嗜好に合わない食べもの、飲みもの
  • 趣味が合わない雑貨や服など
  • 好みではない色のもの
  • は避けましょう

[/su_list]

敬老の日のプレゼント 遠方の祖父母への贈りもので喜ばれるものは?


消耗品がいいか、残るものがいいのかに分かれるかと思います。

スポンサーリンク

「残るプレゼント」は、孫がくれたとずっと喜びをかみしめてくれるようです。

身に付けるものであれば、友人への話のネタになるようで、自慢の一つもしたくなるみたいですね。

「消耗品」も喜んでくれますよ。
消耗品にはお酒やお菓子類、お花などがありますが、普段食べない美味しいものを贈ってくれることを楽しみにしくれているようです。

花は華やかできれいですし、見るたびに喜びをかみしめられるようです。

ですので、どちらが良いとはなく、どちらでも贈りたいものを贈るのが良いと思います。

他にも「食事券」や「旅行券」を贈ったという友人もいます。
私の場合は同行することが難しいので贈ったことはありませんが、同行出来るならきっと喜ばれる贈りものでしょうね。

お菓子や海産物など食べものを贈る時のポイント

おじいちゃんおばあちゃんに食べもの類を贈る時は「美味しいものをちょこっと」がベストです。

量が多いと食べきれずに困ってしまうようですので、もっと食べたかった~と余韻が残るくらいの量を選ぶようにしましょう。

敬老の日のプレゼント 年配のおじいちゃんおばあちゃんへ贈る時の注意点

年配のおじいちゃんおばあちゃんの場合、いろいろと注意することが出てきます。
私が祖母で経験したことがあるので伝えておきます。

おじいちゃんおばあちゃんといえば「和菓子」を贈る方もたくさんいらっしゃると思います。

和菓子にも種類がたくさんありますが、お団子、大福、饅頭、羊羹 etcなどがありますね。

私の祖母は、ある時から今まで好んで食べていたお餅を全く食べなくなりました。
理由はのどに詰まると怖いからだそうです。

そこで和菓子なのですが、大福やお団子類も食べなくなったんです。
理由は同じで、のどに詰まると怖いから。

祖母の場合は特に敏感な人ということもありますが、毎年正月にお餅を喉に詰まらせたというニュースを聞きますよね。
あれを恐れているみたいです。

ですのでちょっと年配の祖父母の場合は、一回考えて選ぶようにした方が良いかもしれません。

あと祖父は、昔からお酒が大好きで好んでよく飲んでいたのですが、ある時から量を減らすようになりました。

健康を意識して身体のことを考えてのようです。
減らしているのだから、お酒のプレゼントは避けたいですよね。

こんな風に今まではプレゼントできたものが、状況によって今までと同じともいかなくなるわけです。

また、知り合いの年配の方と以前に話をした時に、消耗品であるお菓子類のほうがもらう場合ありがたいといっていました。

なぜなのか聞いたところ、持ちものを整理して減らしているところだからだとのことでした。

いわゆる「終活」しているのでしょうね。
このことは孫などにはなかなか言いづらいようで、関係ない私だから本音を言って頂いたのかなと感じました。

年配の方には、贈る側はいろいろ考えて贈る必要があるということになりますね。

まとめ

せっかく贈るプレゼントですので、喜んでもらえるものを選びましょう。

なかには年寄り扱いされることを嫌がる方もいるとも聞きます。
初めて贈る時には、相手の気持ちを考えてみることも大切ですね。

そして、遠方にいてなかなか会えないなら、電話一本掛けてあげれば、さらに喜んでくれるはずですよ。

参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

関連記事

  1. 敬老の日

    敬老の日 赤ちゃんの孫からプレゼントは贈った方がいい?いつからがベスト?

    子供が産まれたのを機に、敬老の日に義両親や実両親に、何かプレゼントを贈…

  2. 敬老の日

    敬老の日にお花をプレゼント 鉢植えとアレンジどっちが喜ぶ?

    敬老の日に祖父母に贈るプレゼントは決まっていますか?敬老の日の…

  3. 敬老の日

    敬老の日に同居の義両親にプレゼントはするべき?するのは孫から?嫁から?

    敬老の日には、毎年何か贈りものをしていますか?義両親と同居をし…

最近の記事

  1. 掃除

    セスキ炭酸ソーダでお風呂掃除 家中丸ごとピカピカ
  2. 高校受験

    埼玉県の内申の計算方法と比率は?高校受験の入試選抜方法を解説
  3. 町田

    町田リス園に行こう アクセス方法と営業時間は?
  4. 花火大会

    東京湾花火大会が復活 2018年の開催日時と時間 見どころと混雑状況予想を紹介
  5. インフルエンザ

    インフルエンザが冬になると毎年流行するのはなぜ?理由を解説
PAGE TOP