セスキ炭酸ソーダでキッチン掃除 家中丸ごとピカピカ

ナチュラル系の洗剤として注目を集めている「セスキ炭酸ソーダ」ですが、幅広くいろいろな場所の掃除に使うことができます。

キッチンは、料理をすればどうしても汚れがついてしまう場所ですし、コンロ回りは特に油汚れが多い場所ですよね。

食品を扱う場所でもあるので、安心な原料のセスキ炭酸ソーダでのお掃除はとてもおすすめです。
キッチン周辺や調理器具など、セスキ炭酸ソーダを使って汚れを効果的に落す掃除の方法をご紹介します。

スポンサーリンク

セスキ炭酸ソーダでキッチン周りをピカピカに掃除する

セスキ炭酸ソーダは、酸性の油や皮脂の汚れ落としに強い「弱アルカリ性」の物質です。重曹と炭酸塩のちょうど中間でできており、重曹の持つ洗浄力に過炭酸ナトリウムの力がプラスされいるので、高い洗浄力があります。

キッチンは油汚れの宝庫ともいえる場所ですので、とにかく落ちることを優先して、強い洗浄力のある洗剤を求めがちですが、手が荒れてしまうなど洗浄力の対価となる副産物が付いてきてしまいがちです。

セスキ炭酸ソーダは、洗浄力は高いのに無機物なので環境にもやさしくエコな上、、手荒れなどの心配が少ないのも安心して使える理由の一つでしょう。まさに油汚れの多いキッチンには、打ってつけの万能なアイテムです。

また、セスキ炭酸ソーダはとても水に溶けやすく、水に対して1%程度の量と、ごく少量の使用で済みますので、経済的にもやさしいですね。

☆セスキ炭酸ソーダ水の作り方
・水500ml+セスキ炭酸ソーダ小さじ1杯
・スプレー容器に入れてまぜる

使いかた

●キッチンの油が飛び散った「壁」や「床」、「ガスコンロ回り」の汚れ

①汚れている場所にセスキ炭酸ソーダ水をスプレーする。
②水で濡らした布巾を硬く絞って汚れをふき取る。
③乾拭きする。

冷蔵庫の汚れにも同じようにスプレーして使いましょう。
汚れがひどく落ちにくいと感じる場合は、しばらく時間を置くと油が馴染んで汚れが取れやすくなります。

また、セスキ炭酸ソーダの割合を少しだけ多くした液を作って使うのもいいでしょう。
ただし、安全な原料ではありますが、濃度を濃くして使用する場合は、肌の弱い方はゴム手袋などを使うようにしましょう。

●「シンク」の汚れ

①セスキ炭酸ソーダ水をスプレーする
②スポンジでこする。
③乾いた布で拭く

こするときに、激落ちくんなどの「メラミンスポンジ」を使うとさらに汚れが落ちやすくなります。

●「排水口」の汚れ

①セスキ炭酸ソーダを振り入れる
②長時間放置する
③水で流す

菌の繁殖を抑えることができますし、汚れや臭いも取れますので、除菌、消臭の効果があります。
出掛けるときや寝る前に行っておくと、長い時間置くことができるのでおすすめです。

スポンサーリンク

調理器具や食器類の汚れをスッキリ落す

キッチンには食器や調理用具など様々なものがあります。それぞれに合わせた使いかたをしましょう。

使いかた

●「コップ」や「茶わん」の「茶しぶ」、「調理器具」の汚れ

①大きめのボールか桶などを用意する。
②水を入れセスキ炭酸ソーダ水を一振り入れ、コップや調理器具を入れる。
③30分ほど漬ける。
④水洗いをする。
⑤乾拭きする。

浸ける液を水ではなくて、40℃~50℃の「お湯」を使うとさらに効果が高まります。また、コップであれば、中にそのまま液を注ぎ入れても大丈夫です。浸けただけで取れない時は、長時間漬けておくか、スポンジでこするとさらに取れやすくなります。

●「まな板」の汚れ

①セスキ炭酸ソーダ水をスプレーする
②セスキ炭酸ソーダ水に浸した布巾を、まな板の上に広げて置く。
③その状態で30分ほど放置する。
④水洗いする。

布巾の除菌も同時にできるので一石二鳥です。きれいになってスッキリしますよ。

●「電子レンジ」の汚れ

クエン酸との合わせ技」が効果的です。

①クエン酸を溶かした水を耐熱容器にコップ1杯ほど入れる
②そのまま3分加熱する
③すぐにセスキ炭酸ソーダ水をスプレーし、濡らして絞った布巾で拭く
④乾拭きする

また、細かい部分や凹凸のある部分などは、濡らした歯ブラシにセスキ炭酸ソーダの粉を少しつけてからこすります。その後は同じように。水で絞った布巾で拭いて、乾拭きをすれば終了です。

拭くときは「マイクロファイバーの布巾」を使うようにすると、さらに汚れが取れやすくなるでおすすめですよ。

セスキ炭酸ソーダで頑固な油汚れを落す方法

ギトギトになってしまった油汚れは、落とすのにとても厄介で苦労します。そんな頑固な汚れにも、セスキ炭酸ソーダを効果的に落とすことができます。

●「コンロのパーツ」の汚れ(五徳、バーナーなど)

①鍋にセスキ炭酸ソーダと水を入れます。
②汚れたパーツを外して入れます。
③10分程「沸騰」させます→少し冷めるまで放置します。
④取り出してスポンジなどでこすり、水で洗います。

熱くなっているので、取り出す時には注意をしてくださいね。
細かい部分には、濡らした歯ブラシにセスキ炭酸ソーダの粉を付けてこすると取れやすくなります。その後は、水拭き→乾拭きで仕上げげましょう。

★こびりついた頑固な油汚れには、「セスキペースト」を使うと効果がさらに発揮されます。

☆セスキペーストの作り方
用意するもの
・セスキ炭酸ソーダ:大さじ1
・重曹:大さじ1
・お湯(40℃~50℃):大さじ1 →ボウルなどに入れて混ぜます。

●「ヤカン」や「フライパン」「コンロ」や「魚焼きグリル」、「換気扇」の汚れ

①がんこな油汚れの場所にセスキペーストを塗る。
②1時間以上置く。
③アクリルたわしや歯ブラシでこする。
④水で洗い流す。
⑤乾拭きをする。

セスキペーストを塗る時は、ハケやプラスチックのいらないスプーンなどを利用して塗りましょう。つけ置きする時間を長くすれば、頑固なこびりついた油汚れが落ちる効果が期待できます。
また、使用するときは、ゴム手袋などを使い肌を保護するようにしましょう。

まとめ

セスキ炭酸ソーダは、汚れを取るだけでなく、除菌や消臭の効果も得られるので、食品をあつかうキッチン周りには、安心して使うことが出来ます。セスキ炭酸ソーダ水を使えば、日々のお手入れも、とっても手軽にできますので、日々のお手入れに役立ててくださいね。

スポンサーリンク

▶掃除に関する関連記事一覧は こちら

関連記事

  1. 掃除

    セスキ炭酸ソーダでトイレ掃除 家中丸ごとピカピカ

    トイレの汚れが落ちなくて手に負えないと、あきらめていませんか。…

  2. 掃除

    上履きの汚れを簡単に落とす方法 おすすめの洗い方と汚れ防止も紹介

    子供が毎日履いて過ごす学校の上履き。学校や幼稚園などの校舎内で…

  3. 掃除

    窓サッシの掃除 汚れを簡単にスッキリさせる方法!

    窓のサッシは、普段の掃除でもなかなかやらずに見過ごしてしまい、汚れがど…

  4. 掃除

    窓ガラスの掃除のコツ 拭きあとを残さない簡単な方法とは?

    水垢や手垢の他にも、黄砂や砂ほこりですぐに汚れてしまう窓ガラス。…

  5. 掃除

    洗濯槽の汚れと頑固なカビを掃除するコツとは?こうすれば簡単丸ごときれい!

    洗濯機は、衣服類を洗うためにほとんど毎日使うので、ついつい掃除は後回し…

  6. 掃除

    洗濯機の掃除 周辺や下 排水口を簡単きれいにする方法

    衣服やタオルをいつもキレイにしてくれる洗濯機。ふと見たら、洗濯…

最近の記事

  1. 料金

    振込用紙で東京電力の料金をコンビニで払ったけど支払いはすぐ反映する?
  2. 料金

    東京電力の料金を滞納 停止するのはいつから?解除して送電してもらう方法は?
  3. 断捨離・片付け

    断捨離 捨てる基準とは?効果の実例を紹介
  4. おでかけ

    上野恩賜公園の桜 見ごろと夜のライトアップは?アクセスと駐車場は?
  5. インフルエンザ

    妊婦がインフルエンザに感染したら 薬は?治療方法と胎児への影響
PAGE TOP