ドラム式洗濯機の掃除 黒カビを簡単に落す方法

今はドラム式洗濯機を使っている人もたくさんいると思います。
ドラム式の洗濯機の掃除はたいへんなイメージがありませんか?

洗濯槽の掃除はついつい後回しにしてしまいがちです。
しかし臭いがしてきたら要注意!カビが発生しているサインです。

ドラム式洗濯機も、要領がわかればいがいと簡単に掃除することができます。
毎日の洗濯物がきれいで清潔なものを使うためには、洗濯槽の黒カビを取り除く必要があります。
ドラム式洗濯機から黒カビを簡単に取る、おすすめの掃除方法をご紹介します。

スポンサーリンク

ドラム式洗濯機から臭いがするときは掃除のサイン

見た目が美しくきれいなドラム式洗濯機は、毎日使っていても、見た目はさほど汚れていないな、と思いがちですが、新品の洗濯機でも、3か月もすると、汚れやカビが出来てしまいます。全自動洗濯機の構造上の宿命らしく、汚れやカビなどを完全に防ぐことはなかなか難しいそうです。臭いがしてきたら要注意!洗濯槽の裏側には、カビと汚れがすでに発生している可能性が大です。

洗濯槽の中は湿度が高い状態なので、カビが繁殖するには最高の場所です。また、衣服に付いた汚れや皮脂、洗剤の残りカスなどが湿度と合わさることで、さらにカビが発生する要因になります。

衣服やタオルに「茶色いカス」がついていませんか?もし付いていたら、洗濯槽の裏側にはカビが発生している可能性があります。

カビは、アレルギーを引き起こす原因になったり、身体に影響を及ぼす可能性があります。ずっと放っておいても黒カビが大量になるだけです。思い切って掃除をはじめましょう。

ドラム式洗濯機と縦型の洗濯機、掃除方法は同じ?

縦型洗濯機とドラム式洗濯機に使うクリーナーは、どちらも同じ過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)を使って黒カビの掃除が出来ますが、縦型の洗濯機とドラム式洗濯機は、構造が全く違うので、掃除方法で掃除することはできません。

ドラム内の部品やパイプの部分に、黒カビが張り付いたり詰まったりしてしまうと、故障の原因になる可能性があるので、浮いてきた黒カビを「すすぎ前に取る」必要があります。

ですので、掃除の途中で一度、黒カビをすくい取る必要があるのですが、水位を高く設定してしまうと、ドアの位置まで水がある状態になるので、縦型の洗濯機のように途中でドアの開閉をすることが出来ず、一度排水をしないと、ドアを開けられません。

ただ、ドラム式の中でも、斜めドラム式の洗濯機は、一番多く普及している一般的なものだと思われますが、斜めドラム式は、ドアを開けた状態でも、必要な量のお湯を洗濯槽内に溜められるようになっているものがおおいので、掃除するには嬉しい設定です。

掃除をする時は、水位を「一番低い」設定にして、「つけおきコース」があれば、使うようにしましょう。つけおきコースは、ドラムが途中で、定期的に自動で回り洗濯槽を洗浄してくれるので、洗剤をまんべんなく浸すことが可能で、最適な方法です。

また、洗濯槽のクリーナーは、「メーカーの指定」されたものを使うほうがいいでしょう。専用のクリーナーは、比較的高価ですが、専用に作られているため洗浄力が高く、また指定ならではの安心感があります。

もしよくわからない、ということであれば、「パナソニックのドラム式専用クリーナーN-W2」は、ほとんどのメーカーから出している専用のクリーナーと成分はほぼ同じですし、価格も安めでおすすめです。

スポンサーリンク

専用で無く、もっと安い市販のものを使いたい、ということであれば、「過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)」のものを選ぶようにしましょう。

*斜めドラムでない洗濯機の場合は、洗濯槽掃除に必要な量のお湯を溜めてしまうと、ドアが開けられなくなるものがありますので、途中でカビを取り除くことが出来ません。ですので、メーカーが推進している掃除方法と、クリーナーを使用して掃除をするようにしましょう。

黒カビの掃除を簡単にするコツとお手入れ方法


「斜めドラム式洗濯機」の掃除のしかたをご説明します。

★掃除のしかた
①つけおきコースを選んで「洗い」に設定し、「最低の水量」を選びましょう。
②「45℃~50℃」のお湯を、こぼれないスレスレのところまで入れましょう。
③クリーナーの入れる量は、だいたい「10ℓに対して100g」程度です。
④ドアを閉めて運転をスタート。
⑤浮いてきた黒カビを「」ですくい取りましょう。
⑥減った分のお湯をプラスして再スタート。
⑦ドラムの回転が止まったら、一時停止し⑤と⑥を繰り返しましょう。
⑧すすぎ→脱水をして終了です。

頑固な汚れの場合は一度で黒カビを取り切れないことがありますので、この工程を数回繰り返すと良いかもしれません。
あとは、フィルターを掃除をし、洗濯槽内を乾燥させれば大丈夫です。

まとめ

黒カビは、大量に発生させてしまうと、掃除するのにとても手間ひまがかかってしまいます。黒カビを発生させないために、日々のケアは大切ですが、一番簡単な方法は、「ドアを閉め切らないで開けておくこと」です。たったこれだけのことですが、湿気を溜めないためには大切です。いつも開けておくとジャマで困る、という場合は、使用しない外出時や、就寝時には開けてだけでもいいので開けておきましょう。

また、せめて2カ月に1度程度は洗濯槽内の掃除をするように心掛けて、きれいな状態を維持させましょうね。

▶掃除に関する関連記事一覧は こちら

スポンサーリンク

関連記事

  1. 生活

    静電気のパチパチ防止 対策方法とは?

    乾燥する時期になると気になるのが、モノに触れたときの「バチバチ感」です…

  2. 掃除

    キッチン換気扇の掃除 油汚れを簡単に落とす方法

    大掃除で一番手間がかかりめんどくさいのが換気扇ですよね。換気扇の油…

  3. 掃除

    カーペットや絨毯のシミ抜き 油やコーヒーなど汚れを簡単に取る方法

    カーペットや絨毯に、ついうっかりジュースやコーヒーなどをこぼしてしまう…

  4. 掃除

    窓の網戸掃除 ササッと簡単キレイにする!便利グッズも紹介

    窓の網戸は空気の入れ替えで窓を開けるたびに、砂やほこりなどが網に付着し…

  5. 掃除

    洗面台の水垢を掃除してピカピカに保つコツ

    毎日使う洗面台は、すぐに水垢がついて汚れてしまいます。顔を洗っ…

  6. お歳暮

    結婚後 初めてのお歳暮・お中元は必要?誰に贈る?

    結婚して初めて迎えるお中元やお歳暮の時期。贈ったほうが良いのか、贈…

最近の記事

  1. くせ毛

    くせ毛のうねり対策にドライヤーやアイロンを長持ちさせる方法とは?
  2. 浴衣

    浴衣 小柄で背の低い女性が似合う柄や色の選び方とは?
  3. おでかけ

    井の頭恩賜公園で桜お花見の見ごろは?アクセス方法と混雑具合の紹介
  4. おでかけ

    キッザニア東京2部 整理券受付時間と場所、入場方法は?
  5. 断捨離・片付け

    学校プリントの整理方法と捨てていいベストな時期はいつ?
PAGE TOP